2008年02月23日

UEFA CUP敗退

Atlético0−0Bolton UEFA CUP

0.jpg

厳しい現実ですね…。

ダイジェスト見ましたが、



我がルイガルが見事に決定機で外しました…。

先日のビルバオ戦のゴールバー直撃といい、批判の的となりそう。

ボルトンの守備が堅かったということで許してください。

負ける要因には、選手のコンディションと監督の戦術、

さらには、時の運もあるわけで、

アグエロのサスペンションもあり、ベストメンバーを組めなかった

チームの力が、そこまでだったということです。

ビセンテカルデロンは、おまけに大荒れだったようです。

ボルトンのサポータの勝ち誇る姿に、Atletiたちは荒れ狂いました。

03.jpg

後味の悪さは毎度のことですが、すっきりした試合も見たいです。

★今日のルイガル★

重要な試合で、抜擢されて期待に応えられなかったです。

途中交代されちゃいましたし、個人的に凹みました。

波があるプレーぶりはらしさなんですがね…。
posted by ボビサポ at 12:21| Comment(2) | Club Atletico de Madrid | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相手がプレミアのクラブだったんで、舞い上がってしまったんですかね。また干されるかと思うと辛いっすね。ま、そんなルイスが好きとしか言えないです。
Posted by アン at 2008年02月24日 08:09
アンさん>いつもコメントありがとうございます。ここ2戦で、貴重な仕事ができず、チームとともに下降線ぽくなってきました。残る目標は、CL圏内になっちゃいました。そろそろ定位置に戻りそうな予感もします。
Posted by ボビサポ at 2008年02月24日 09:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。